妊娠している間は、まずはお母さん本人がストレスをためないことがおなかの赤ちゃんにとっても大切なのではないでしょうか。

それが1人目の子なら特に自分の体の変化や生活環境に慣れず、知らず知らずのうちにストレスが溜まることになると思います。

そんなときに、栄養のことや赤ちゃんの為を考えて健康を意識することは当然ですが、過剰に普段の生活や食事を我慢することはむしろ精神衛生上マイナスだと思います。ゆったりとした気持ちで過ごすのが一番だと思います。
妊娠は奇跡だと言う人もいますが、本当だと思います。

愛する二人の間に赤ちゃんができたということはとてもうれしいことですよね。

妊婦健診では超音波による検査をしますよね。

赤ちゃんの成長を診るためのものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。

赤ちゃんの性別を早く知っておきたいという人多いのではないでしょうか。もし期待していた方の性別ではなくても残念に思うことはありません。

産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。
妊娠23週で子宮頚無力症との診断を受け、24週でシロッカー手術をし自宅安静中のただいま34週に入りました。

正産期までは3週間程ありますが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、まだ早産の不安は消えませんが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。

ウェブ上で同じく切迫早産やシロッカー手術をされた方の体験談に勇気づけられています。

このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。

大好きな人との赤ちゃんってすごく嬉しいですよね。

妊娠したことがわかった瞬間、すぐに旦那に伝えましたしかしこの後おそってくるつわりが大変つらいものでした…。

私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、軽く朝食を摂ると吐き気がぶり返し、昼間はそのままベッドの上で過ごしました。夕方は旦那の夕食を、吐き気と闘いながら調理し、やっとの思いで作りました。もっともピーク時は全くでしたが…。
けどいつまでも続くものではないので、産まれてくる赤ちゃんのことを考えつつ、頑張りましょう。

自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。赤ちゃんを授かったことはたまらなく幸せなことですよね。
妊婦健診ではエコー検査をしますよね。赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんの性別もわかりますよね。赤ちゃんの性別が気になるというかたは多いと思います。

希望していた方の性別とは異なっていてもがっかりしないで下さいね。我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。妊娠中は太りやすい体になっています。あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、仮に太っても元に戻せると思い、好物を気の向くままに食べていました。
すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、普段の家事ですらかなり大変でした。産まれてから一年経っても、未だに体重は戻せていません。やっぱりお医者様にいわれるように、栄養のことも考えて食事に気を配り、適度な運動も欠かさないことが大切だと感じました。マタニティーママさんはちゃんと食べるようにしましょう。

つわりがキツければ、食べても吐き戻してしまうかもしれませんが、一口サイズのおにぎりなどで構わないので、何か食べるようにしましょう。理由はわかりませんが「これを食べたい!」と思えるものが出てくることもあります。私は「氷」でした。どんな時にもガリガリと口に含んでいました。
食べれるときに、食べたいだけ食べましょう。

子供を産み、育てるにはパワーは欠かせません。

気持ち悪くて食べられない!と言ってないで、しっかり食べてくださいね。
船酔いや二日酔いのように四六時中気持ち悪いつわりの時期、つらいですよね。症状や期間は人それぞれですが、自分が楽だと思える方法を見つけましょう。空腹時に気持ち悪くなる、特定の時間に特に辛いなどパターンを把握すると対策を立てられます。

仕事している方は仕事中休みたいこともあると思います。まだ安定期に入らず言い辛いでしょうが、少し配慮してもらえるように誰か一人でも構わないので妊娠の報告しておくと良いでしょう。

妊娠初期は周りから見て妊婦と気付かれず、自分から申し出ない限り他人からの手助けは得られません。

体調が悪い時が多い妊娠初期に無理すると、貧血を引き起こしたり、出血したり、最悪な事に流産も引き起こします。仕事や家のことがうまく出来なくても、「今は休むとき」と割り切り自分を責めないことが大切です。
妊娠中期に入ると、妊娠初期の身体の具合が嘘のように良くなります。

手助けしてくれた周りの人に感謝の気持ちを持ち、出来始めたらやればいいと思います。
妊娠経験のある友人から、妊娠すると妊娠線というものが出ると聞き、怖くなり調べてみました。

保湿がいいということがわかり、安定期を過ぎた頃から日々必死で保湿クリームを塗っていました。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。結果的に何個のボディクリームを使い切ったものやら…。好みの香りのクリームを使い、リラックスすることもできました。赤ちゃんモデル

そのおかげか、二人出産したにもかかわらず妊娠線は出ていません。