不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦しいかもしれません。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めない場合もあるのです。

また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。
思いこみで裁判に負けることを回避するには、あらかじめきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。

もちろん、やっかみで言っているのではないです。
自己中心的な考えで、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生活していくことになります。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、再び不倫にならないとも限らず、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。
浮気の定義は、やはり人によって違ってきます。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、身体的な接触が少しでもあれば浮気したと言って怒る人もいます。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞ということになります。

しかし、順風満帆な結婚生活を続けたければ、いかにも浮気ととられかねない行動は控えたほうがいいです。
不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、「ばれてしまったから」です。

ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのはそう簡単なことではありません。探偵や興信所などノウハウのあるところに怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。全国に協業体制を持つ探偵社の場合、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。規模の大きなところは調査にあたるスタッフの教育にも積極的で当然ながら調査面にフィードバックされてくるわけです。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。

あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。
もし、今の家庭環境に不満でも、新しい人と再スタートなんていうのは、あからさまに現実逃避が過ぎるとは思いませんか。夫婦間の問題はもっと上手な解決方法を模索すべきですし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。
冷静になって悔やんでも始まりません。

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は変わりがありません。
不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際もきっと役に立つはずです。

夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもそんなに珍しいものではありません。
ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。

相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気調査です。挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。それには証拠固めが不可欠ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、心ゆくまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や親族などに密告する人もいるようです。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。
大学生だらけのキャバクラでバイトした体験談